***緑内障***

緑内障は日本人の失明の原因として第一位です。40歳以上の日本人の20人に一人は緑内障と言われています。この割合は年齢と共に上昇し、少子高齢化の日本では今後ますます増えていくことが考えられます。また、緑内障と気づかずに生活している人が大変多いということがわかってきました。最近の緑内障の診断と治療の進歩は目覚ましく、難治性の緑内障でなければ、早期発見・早期治療・継続治療することで、以前に比べて失明の可能性を減らせるようになってきました。日本人で最も多いタイプの正常眼圧緑内障は、初期は自覚症状がない場合がほとんどですので、40歳を過ぎれば、一度は眼科で診察を受けることをおすすめします。特に家族に緑内障の方がいる場合は注意してください。


房水の流れ

「房水」とは、目の中を流れている液体のことで、毛様体で作られて、矢印のように流れ繊維柱帯を通ってシュレム管から目の外へ出ていきます。この房水の流れで目の中の圧は一定に保たれています。この圧を「眼圧」と言います。この眼圧が上昇すると視神経が痛んで緑内障になる可能性が高くなります。(図Copyright:Santen Pharmaceutical Co., Ltd.)

眼の奥にある正常な視神経の写真です。中心の丸い部分が視神経で、周囲の網膜に向かって動脈や静脈が延びています。視神経の真ん中には黄色い部分があります。

これは緑内障の患者さんの視神経の写真です。視神経の中心の黄色い部分が正常の人と比べて広いことがわかります。もともと持って生まれた視神経の形に、近視による変化や年齢的な変化、眼圧の上昇などが加わり緑内障になる場合が多いと言われています。人間ドックで緑内障の疑いとしてひっかかるのは、この視神経の状態をとらえていることが多いです。検査結果で視神経乳頭陥凹拡大と書いてあればこの状態ですので、眼科で緑内障になっていないか検査を受けましょう。自覚症状は無くても眼科を受診してください。


緑内障の症状

(イラストは株)千寿製薬のご協力による)

緑内障の症状としては、見えない場所、ぼやける場所がある、見える範囲(視野)が狭くなるという症状が挙げられますが、普段の生活では両目で見ていますので、初期はまったく自覚症状がないことがほとんどです。自分で気が付いて眼科を受診したという場合は、かなり進行している場合が多いです。また、いったん失った視野は、治療によって取り戻すことはできません。緑内障の治療は進行のスピードをゆっくりにするためのもので、見え方を良くすることはできません。

一方、急激に眼圧が上がると(急性緑内障発作)、眼痛・充血・目のかすみのほか、頭痛や吐き気がある場合もあります。このような場合は、急速に視野が悪化することがあるので、すぐに治療を受けなくてはなりません。


緑内障の種類

①原発開放隅角緑内障

繊維柱帯と呼ばれる場所が目詰まりをおこして、うまく房水が流れないために眼圧が上昇し、視神経が障害されると言われています。隅角という房水の流出路は広いのに緑内障である、という状態です。この中でも多いのは、眼圧は正常範囲にあるのに視神経が痛んで緑内障になる正常眼圧緑内障です。視神経の血流が悪かったり、遺伝や加齢、近視などいろいろな原因のために通常では緑内障にならない程度の眼圧でも視神経が障害されると言われています。治療はまず目薬で治療します。昔と違い、いろいろな作用機序の目薬があり、治療の可能性が広がっています。一剤で難しい場合は、二種類、三種類と増やす場合もありますが、配合剤と言われる一本の目薬の中に二種類の作用機序の目薬が入っているものもあります。大切なことは、目薬を忘れずさすこと。目薬がなくなる前に眼科に行くこと。視野の検査を定期的に受けて、進行していないか診察を受け、これをずっと継続することです。人生100年と言われる現代、100歳になったときに生活に不自由のない視野を保つことが目標です。目薬で治療しても眼圧が高く視野障害が速いスピードで進行する場合などは手術が必要になることもあります。

②原発閉塞隅角緑内障

老化現象で水晶体が白内障になると、徐々にふくれて前に出てきます。そうなると、隅角が狭くなり房水が流れにくくなり、眼圧が上がります。慢性の場合は徐々に眼圧が上がり、かすんで見にくくなってきます。急性の場合は、緑内障発作といって眼痛、充血、頭痛、吐き気、かすんで見にくくなります。前兆として、一時的に蛍光灯の周りに虹色の輪がかかって見える場合もあります。眼科受診が遅くなると視力がもとに戻らないことも多く、注意が必要です。吐き気や頭痛のために間違えて内科や脳外科を受診するケースも多いです。お薬や点滴などで眼圧を下げた後、レーザー虹彩切開術を行い房水の逃げ道を虹彩に作ります。またさらに緑内障手術が必要であったり白内障手術を早めにする場合もあります。白内障の手術を行うと人工のレンズにすることでレンズが薄くなり隅角が開きます。(図:Copyright:Santen Pharmaceutical Co., Ltd.)

③続発緑内障

眼や全身に何らかの病気があり、そのために眼圧が上がり緑内障になります。眼の中の炎症や外傷、糖尿病網膜症、ステロイド剤の長期使用などが原因です。

④先天緑内障

生まれつき房水の排水路が詰まっているために眼圧が上がろうとします。そのために眼球がおおきくなり、牛眼と言われます。